減額よりも大事な食洗機のお話

こんにちは!うにです。今回は減額調整に頭を抱えている方へ減額よりも大事なことについてお話しできればと思います。

減額は間に合えば極論坪数を削れば大体100〜200万は減額に成功する方が多いかと思います。今回はお金ではなくて、自分たちが何をしたいか、譲れないものについてのお話しです。

私の中で譲れないものでお話ししていきます。

長くなりそうなので、今回は食洗機だけです。

・食洗機

これは譲れませんでした。工務店に食洗機は本当につけますか?って何度もうるせぇって心の中で思うほど言われました。そうです、譲れないんです。結果的に、キッチンはタカラにしたのですが、Panasonicの浅型で60cmにしました。ここで本当は、ボッシュのフロントオープンにしたかったのですが、工務店からは、住設のメーカーがokでそこで全部取り付けさせないと何かあった時の責任の所在が分からなくなるから保証が効かなくなるかもと言われていました。1番グレードの高いキッチンであれば取り付けは可能と言われましたが、そもそもでキッチンの基本料金がバカ高く、他のメーカーも同じ感じでしたのでボッシュは却下に。

でも食洗機は入れたい、フロントオープンが良い!ということで色々探すとリンナイのフロントオープンがTOTOでいけました。この時点で、TOTOにしたいという気持ち一択でした。実際に見学してよく観察してみるとそれはそれは思ってたよりもショボく感じてしまいました。ボッシュの代替という期待値が高すぎたんですね。

ここで、国産のフロントオープンはリンナイしか無かったので、ガッカリでした。しかも他メーカーと比べてTOTOのキッチンで特筆することがなかったんですよね。というわけであっさり食洗機はフロントオープン案を捨てられました。

そして今度は浅型か深型か問題。当初は浅型よりは深型でしょと思っていて、大体45cmでいっかと思っていたのですが、実際に見学してみるとこれ思ってるより面倒じゃね?って感じました。毎回2段で入れ方考えたりするんだったら、浅型で横広の60cmとあんまり変わらないなぁと思って、両方見た結果、60cmの浅型となりました。

結果的に満足はしていますが、ボッシュのフロントオープンは使ったことないですが、未だにふとした時に思い返されます。

まぁ他を削ってキッチンのグレード上げてボッシュ入れれば何も問題なかったんですよね。しかしそれが出来なかったので妥協案にした。

後悔まではいかないですがなんとなく引きずった感じです。

けれども食洗機自体を入れるという気持ちは変わらなかったので他で減額しました。

結果的に満足はしていますが家づくりは妥協と後悔の連続でした。なので、代替を自分なりに色々調べたことが結果に繋がったんだと思えています。

ネガティブな内容ですが、お金を出せる範囲が決まってるのでその中で満足いくものを考えていきましょうということでしたw