ウッドショック時に契約した私

こんにちは!うにです。ウッドショックSNSでは騒がれていますよね。TVでも以前特集されていましたがどこも報道しなくなりましたね。あれは、不安を煽って買い占めを防ぐために規制しているようですが本当のところはどうなんでしょうね。かく言う私は、このウッドショック時に契約しました。2021年の2月頃から土地の契約の話が進み出しましたが、その頃はまだ平気だと言われ、ただ買い占めや高騰のおそれがあるから早めに建築請負契約をすすめたいと説明されました。既に契約はしています。

ウッドショックとは、簡単に言うと木が足りない。ということですね。原因となったのは、アメリカの住宅需要が増えたこと、中国による木の買い漁り、と言われていて、その為、日本に外国の木材が入ってこないようです。日本は7割程度輸入に頼っているようですのでピンチですよね。国産の木にしようとすると品薄だったり価格が高騰してしまって大変な状況になるとかなっているとか。

そうなると、完成時期が遅れたり、建物の価格が高くなってしまう恐れがでています。

ただ、このウッドショックが落ち着いてきてはいると言われていて、今から家を建てる際には焦らないで様子見してからでもいいかもしれませんね。なので今契約しないとこの金額では建てられませんよとか言ってくる営業マンもいるでしょうけど、そもそもの金額が既に上乗せされていたら分からないですよね。高騰した金額の半分くらいに落ち着いてきてるとは言われましたが、これから契約される方はしっかりと説明を受けて納得した状態で契約されるといいと思います。