減額調整がうまくいく考え方

こんにちは!うにです。お家の見積もりってやりたいことばかりで予算から大分オーバーしてしまうことありませんか?

これをやるとプラスで一万です。へぇ、それくらいならいっかーと思っていると、どんどん積み重なって数百万の予算オーバーなんてことに。

そこで今回は、やりたいこと欲しいものを無くす考え方をご紹介します。

・一晩寝かせる

営業マンから期間限定でこのオプションつけるとお値引きしますとか、今契約すれば何百万値引きできます、など甘い誘惑がいっぱいありますよね。大体は利益を別のところで調整されていたり、例えばキッチンだとメーカー希望小売価格での金額を見せられて値引きした金額を言われてビックリしますが、大体そこから10〜40%ほどの値引きをしてもらえるので知らないと損します。

なので、一晩寝てみて朝起きたら魔法にかかってだけかもしれませんので冷静に考えられるのです。

 

・空腹時に考えない

お腹が空いてるとついイライラしちゃいますよね。空腹を満たしたい欲求が物を手に入れる為の行動を活性してしまうので、ショールームなどを見に行く時はお腹を満たしてから行きましょう。満腹時だと空腹時に比べて6割ほど出費を抑えられるというデータもあるようです。

 

・幸せの持続時間を考える

そのオプションは自分や家族にとって、何年くらい幸福感をあたえてくれますか?費用対効果が高いものを選んでいくと無駄な買い物が減りますよね。

お家は何処にお金をかけたいか考えると上手く行くと思います。

外壁など家を外から見た時ですか?

キッチンですか?

お風呂ですか?

床材ですか?

ずっと住む前提ですので譲れないものがあると思いますので、ご家族でじっくり相談してみると良いと思います。

 

・代用品を考える

例えば照明っていろんなブランドがあって形があって見てるとお洒落なものがたくさんありますよね?

こだわりたいのは、ブランドでしょうか?

その見た目が好きなのでしょうか?

 

代用できれば1/3くらいに抑えられたりできるので、私は代用品を多用しました。

 

いかがでしたか?減額調整って難しいですよね。その場で決めたとしても数日経つと考えが変わることもたくさんありますよね。そんな時に思い出してもらえると幸いです。

・一晩寝かせる

・空腹時に考えない

・幸せの持続時間を考える

・代用品を考える

 

理想の家づくりができることを願って。