建築条件付きの土地を選んだということ

こんにちは!うにです。早速ですが、土地探しをしていた頃に建築条件付きという言葉をよく目にしていました。なんとなく場所が良かったり、なんとなく価格が安かったりと、なんとなく良さそうな感じがしてしまいます。ただ、調べてみると割と後悔しましたという方や、やめた方がいい、という方が多かったです。

建築条件付きのメリットやデメリットなどを実際に経験していることを含めてお伝えできればと思います。

 

メリットとデメリット

メリットは施工業者を選ばなくていいということわこれに尽きると思います。

ハウスメーカーっていっぱいあるじゃないですか、地元の工務店もしかりで。色んなモデルハウス見に行ったり、何処へ行っても同じ話をしたり、されたり、営業の電話が時間帯おかまいなしにかかってきたり、約4年間土地探しをしていた私にとって、その繰り返しがデメリットに感じていました。

土地だけで売っているところって、ハウスメーカーや地元の工務店が買ってない時点で何かマイナスになる要素があるんじゃないかなと思ってます。結局色々モデルハウスを見たとしても、その施工業者が土地を探さなかったらずっと決まらないままなんですよね。それって建築条件付きとあんまり変わらないなぁと思いました。

私が建築条件付きの土地を購入した理由は、その土地に住みたいから。ただそれだけでした。もちろん、この土地にあの施工業者だったら文句なしなんだけどなぁと契約まで何度も思いました。

ただ、土地を持ってる者には勝てないんですよね。

なかには、建築条件付きを外してもらう代わりに100万以上上乗せして支払えばokという持主もいるようですが、我が家は交渉しましたがNGでした。

理由は簡単で、土地代を安くして建てる家、上物でその分利益を得たいので。とのことでした。随分正直だなと思いましたが、元々希望しているエリアの坪単価で土地を買ってしまうと、上物にお金をかなり抑えないと難しい感じだったので、それを考えると、そこに住みたいという希望が叶うことが第一目標だったので、我が家は建築条件付きの土地を購入したことに後悔はしていません。

土地選びに時間がかかる方もいらっしゃると思いますが、何が達成できるならクリアというように達成条件を決めてから選ばれると後悔が少なく、スッキリするかもしれませんね。

決めるのはご自身なので、周りの色々な言葉に惑わされずに、しっかりと芯のある決意を持って探されるとうまくいくと思います。